在籍確認の電話審査が行われるタイミングは?

在籍確認が行われるタイミング、少し不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

在籍確認のタイミングは、銀行カードローンや消費者金融で違ったりします。

それぞれは、

① 銀行カードローンは申し込んで直ぐ、在籍確認の電話が掛かってくる場合がある

② 消費者金融は仮審査が終わって、契約後にかかって来る

③ 業者によっては効率化の為、在籍確認を電話で行っていない事もある

と言った特徴があります。

それぞれの在籍確認について解説します。

・銀行カードローンと消費者金融の在籍確認のタイミング

銀行カードローンの場合、審査を保証会社に委託している事があります。

委託している関係上、審査を早く進めるため、全ての工程を同時に進める事があり、申込を行ってから直ぐに職場に在籍確認の電話が掛かってくる事があります。

一方で消費者金融では、在籍確認はスコアリングなどの他の審査に通過した後のタイミングに行っています。その理由としては、在籍確認以外の審査で、融資ができないと判断されるような人に対して在籍確認をするのは顧客に負担になる』と言う考え方から、

借りいれ先件数、総額、年収をみて、申告情報通りなら融資できるという事がわかってから、職場に電話がかかってきます。

・在籍確認の電話が掛かってこなかったケース

口コミでは在籍確認の電話が掛かってこなかったケースが散見されます。

在籍確認は全ての顧客に対し、一律で電話をしている訳ではありません。

審査担当者が、その都度審査内容を鑑みて判断しているのと、電話なしを希望している方もいらっしゃるので、その対応によります。

例えば、長年同じ会社に勤めている、特に職が変わった結果が信用情報機関の情報から見られない顧客の場合は、そのまま信用情報機関チェックと共に在籍確認も完了したとみなす場合があります。

電話が掛かってこなかったからと言って心配する必要はありません。

在籍確認は消費者金融であれば直ぐに職場に電話が掛かってくることはありません。

申し込んで、審査結果を見てから考えてもいいでしょう。