プロミスの在籍確認審査で電話なしでカードローンも可能?

プロミスの在籍確認、電話連絡なしで借りれる方法をご紹介します!

在籍確認の審査は必須となり、免除されることはありませんが、電話以外の別の方法で代替の相談をする事が可能です。

そもそも在籍確認は、
◆ 反社会的勢力でない事を確認している

◆ 電話で在籍確認すべきとの法律はない

◆ 健康保険証、給与明細、源泉徴収票で会社名が確認できれば、通してもいい
と言えます。

プロミスの在籍確認を別の方法で代替する方法について解説します。

・プロミスの場合、条件として正社員である事が入る場合が多い

在籍確認は電話で行わなくても、何らかの方法で行う必要があります。

◆ 健康保険証に会社名が書かれている

◆ 源泉徴収票に会社名が書かれている
のであれば、その会社に所属している事がわかるので、この2つをもって在籍確認をおこなう事が出来ます。

給与明細は幾らでも偽造が可能なので、これは直近まで働いていた照明のサポート程度にしかなりません。

パート・アルバイトの方は社名入りの健康検証や源泉徴収票が用意できませんので、基本的に正社員の方しかプロミス側はお願いを聞けなくなります。

・プロミスにお願いをするタイミング

プロミスに申し込みをおこなうと、先ず担当者から今後の手続きについて電話がかかってきます。

これは、本人確認の連絡であり、またカードローンのご利用確認でもあります。お金を借りる事についての確認となるので、本人の了承を取ってから審査に入るという流れになります。

このタイミングで在籍確認を別の方法で行ってもらえないか、相談をしてみましょう。

この段階では、リクエストという形になりますが、その理由は、電話なしを受け入れるかどうかは審査の内容次第、となるからです。

まずはこれから審査を行うとして、電話をなしにしても問題ないレベルであるかどうかも含めて判断をします。

審査内容に問題がなければ、電話以外の方法でおこなう手順を説明してくれます。

プロミスでは正社員の方を主に対象として、在籍確認の電話を別の方法で行うお願いを聞いてもらえる場合があります。

職場への連絡をしてほしくない方は、お願いをしてみましょう。