カードローンの在籍確認の電話内容は?また電話なしの場合は?

カードローンの審査でよく実施されるのが在籍確認です。

在籍確認が取れないと、カードローンの審査に落ちることがあるため、事前によく知っておきたいところ。

本記事では在籍確認の主な内容と電話連絡なしの消費者金融について紹介していきます。

○ 在籍確認の主な内容

カードローンの在籍確認では、勤務先に直接電話連絡を行います。

本人の電話対応の場合は、次のような電話内容です。

在籍確認の担当者「○○さんは今居ますか?」

本人「はい、私が○○です」

在籍確認の担当者「このたびは当社カードローンへの申込みありがとうございます」「これで在籍確認完了とさせていただきます」

本人が不在で勤務先の方が電話対応をした場合では、次のような電話内容になります。

在籍確認の担当者「○○さんは今居ますか?」

勤務先の人「○○は現在外出中でございます」「○○に後程かけ直させますか?」

在籍確認の担当者「いいえ、結構でございます」「こちらからまた連絡いたします」

在籍確認の担当者は個人名を名乗るため、本人が不在のときに電話がかかってきても安心です。

ポイント!

在籍確認の電話に不安を抱いている方の多くは、電話をかけてくる際に消費者金融名を名乗るのではというものですが、これは間違いです。

必ず担当者の個人名でかけてきますので、周囲に知られる事はありません。

もし、それでも不安な方は、申し込み完了後すぐのタイミングでかかってくる連絡の際に、在籍確認の電話は個人名でかけてくるかどうか確かめておくとより確実でしょう。

この本人確認の連絡は、最初の申し込みの入力完了後すぐに携帯電話に担当者からかかってくる連絡で、目的は本人確認以外に、カードローン申し込みの確認となります。お金を借りる意思の確認というところでしょうか。

○ 電話連絡なしの消費者金融

とはいえ、勤務先の人に必ずバレないという保証はありません。

個人情報保護のため、外部からの個人宛の電話を受け継がない方針の会社もあるでしょう。

そんなときは、電話連絡なしで在籍確認を行う事も可能な消費者金融へ申込みする解決策があります。

このような消費者金融では勤務先名のある社員証や健康保険証、そして給与明細書など、収入証明書を代わりに提出する事で在籍確認を行うこともあります。

ポイントは勤務先名が表記されていることです。勤務先名が確認できれば職場に電話をしなくても確かめる事が可能だからです。

証明書類での在籍確認なら、勤務先の人にバレる心配はありませんし、個人名の電話は受け継がない会社でも大丈夫です。

○ まとめ

どの消費者金融でも証明書類で在籍確認を行うわけではないため、選び方が大切です。

さらには、審査の内容によっては電話以外の在籍確認を受け付けてもらえないケースもあります。審査基準にギリギリのラインだと、より確実な方法ということになり、在籍確認を電話で行うことが不可避となることもあるようです。

証明書類で在籍確認できるかどうか、分からないときは申込み時に消費者金融の担当者に質問するのも大事です。