在籍確認なしのカードローンはできる?

在籍確認なしのカードローンをお探しの方、朗報です!

在籍確認の審査は必ずどの消費者金融のカードローンでも必須とされていますが、電話での在籍確認は回避可能です!

なので、一切の「在籍確認なし」でのカードローンは存在しませんが、勤務先がわかるような書類等の提出による条件付きの「在籍確認なしカードローン」なら存在します!

アコム 在籍確認

スマホやPCから上記の公式サイトよりカードローン申し込みを済ませて置き、そのあとカードローン担当者に

「電話以外で在籍確認の審査をしてほしい」という旨を伝えればいいだけ。

貴方に合った在籍確認の方法を用意してくれます。電話の代わりとなるのは書類になります。

会社員であれば社員証あるいは保険証だけでもOK!

派遣やアルバイト、パート等であれば収入証明書か給与明細等の収入がわかる書類。

こういった収入が分かる書類を写メして送信するだけで職場に電話連絡なしでカードローンができます。
この在籍確認の電話なし、つまり会社連絡なしで即日融資が可能な消費者金融会社はプロミスとアコムがおすすめです。


そもそも在籍確認とは?

在籍確認の審査とは、プロミスやアコムなど一般的な消費者金融は無担保でお金を貸しますから、その分きちんと返済してくれる人かどうかを見極めて融資をしなくていけません。返済能力があるかどうか、きちんと仕事に就いていて安定した収入があるかどうかを見極める重要な審査となっています。基本的に一切の在籍確認なしではカードローンやキャッシングはできません。

実は在籍確認を電話で行っても会社にバレないって本当?

はい、職場でバレません。何故かといえばプロミスやアコムなど当サイトでお勧めしている消費者金融は、金融会社名を名乗りません。カードローン担当者の個人名で電話をするので、職場の同僚が電話に出ても一切バレる可能性はありません。更にカードローン担当者の性別指定もできるので女性の方はさらに安心でしょう。

在籍確認の電話はどんな内容なの?

本人が電話に出た場合であれば、申し込みのお礼と審査結果は職場か携帯かどちらがいいか聞かれて終わり。時間にすれば1~2分程度。

本人が不在だった場合なら、同僚が電話に出て本人の不在をカードローン担当者に伝えてくれるだけで在籍が取れたことになり、それ以上電話をすることはありません。

電話での在籍確認は、想像以上に簡単にすぐ終わって拍子抜けするほどだと言われます。

在籍確認なしのカードローンをした人(免除)がいるけど何故なのか

プロミスやアコム等、どの消費者金融でも公には在籍確認の審査は必須と明言していますが、実際は確かに免除され在籍確認なしでカードローンをした人もいるのが事実です。この理由としてはまず1つ目に挙げれるのが、借り入れ希望額が5万円以下の少額希望のケースです。少額の場合は特に問題なさそうな方ケースではわざわざ職場に電話連絡なしでカードローン審査に通ったりします。2つ目の理由としては公務員であったり、勤続年数が長い人、あるいは過去に借金(カードローンやキャッシング)の利用が無く信用情報機関のデータがきれいな人はわざわざ在籍確認をしないで融資実行をしたりします。ですが、基本的には在籍確認は行われるので、在籍確認なしのケースは稀であると認識しておきほうがいいかもしれません。

在籍確認が行われるタイミングはいつなのか

カードローン申し込みの流れの中でのタイミングとしては最終段階となります。基本的な審査に通過した方のみが在籍確認に進めるのです。

在籍確認の電話は日時指定が可能って本当なのか

はい、都合のいい日時を指定できます。また、電話をかける担当者の性別も指定できますので、より一層安心な在籍確認が可能です。

在籍確認後に否決される可能性はないの?

基本的には在籍確認後に否決されてしまうケースはまずありません。あるとすれば勤務先の情報に虚偽がみつかったケースです。嘘の情報を最初から書かなければ否決される心配をしなくてもいいので全て正直に書きましょう。

職場での在籍確認の言い訳はどうすればいい?

消費者金融からの連絡が来る前に勤務先で同僚などに予め「言い訳」を用意しておけば、怪しまれずに済みますよね。言い訳としてよく利用されているのはやはりクレジットカードの在籍確認だそうです。それ以外は環境によって、車や住宅ローン、医療ローンや学資ローン等、消費者金融以外のローン審査はたくさんあります。状況に応じて自然なものを使い分けするといいでしょう。

在籍確認の審査後の流れはどんな感じになるのか

在籍確認が終われば融資実行はもう目前です。時間にすれば30分以内前後でお金を借りれる状態となります。その場合、カードレスで振り込み融資か、無人契約機に出向き、その場でカードを発行してからお金を借りるという流れになります。

カードローン申し込みを入力する際、他社での借り入れ金額を書きますが、正直に書かないとバレる?

はい、バレます。何故なら消費者金融はCICやJICCなどの信用情報機関を利用しており、そこに他社での借り入れ金額など全て掲載されているからです。消費者金融のほうには全て筒抜けですので正直に記載するほうが審査にも通りやすくなります。

カードローンの在籍確認は派遣の人はどうなるの?

派遣の方のカードローンの在籍確認は派遣先の職場ではなく、派遣元の登録会社のほうに行われます。派遣登録会社を掛け持ちして勤務されてる方であれば、より収入が多い方を記載すればよいでしょう。

バイトの人の在籍確認はどうなるの?

基本的にはバイトの人はバイト先の職場に直接在籍確認の電話がいきます。事務所と店舗が分かれてるようなケースでは事務所の方になったりケースバイケースで違ってきますので、飲食店や接客業の方は消費者金融の担当者に相談してみると良いでしょう。

カードローンの在籍確認は土日でも行われるの?

一般的な企業に勤務されていて土日休みの方の場合は週明けに在籍確認となります。土日に即日融資を希望する場合、5万以内の少額融資であれば週明けまでは在籍確認なしでとりあえず融資してもらえます。5万以上の借り入れ希望の場合は収入が分かる書類提出により在籍確認の電話なしでカードローンができるようになります。

カードローンの増額を申請したら再度また会社へ在籍確認されるのか

いいえ、初回借り入れの際のみ在籍確認が行われるので、増額申請の際には在籍確認はありません。

転職や退職、勤務先変更があった場合、また在籍確認が必要なのか

いいえ、基本的に職場に電話をして在籍確認をすることはありませんが、自ら職場変更があったと消費者金融に伝える必要があります。伝えるのを怠った際には融資を止められたり、法律違反になることもあります。

カードローン・キャッシングあれこれ

今の時代、ネットキャッシングはかなり便利です。

必要な時に家の中から、スピーディーに借り入れの申し込みを入れてお金を借りれますから、忙しい人にはありがたいサービスですね。キャッシングで借金をすれば、間違いなく利息も要されるのです。資金が余るようでしたら、可能な範囲で繰り上げ返済をすることが大切です。一日でも早く返すことで利息も少なくて済みます。

即日融資が希望なら、規定の時刻までに申し込むことが必要です。各消費者金融で規定時刻が違っているので、予め確かめてから申し込んだ方がいいでしょう。

年間の総収入の3分の1超の金額を借りることを願い出ても、総量規制にて制限されますので、借り入れることはできないわけです。こちらのWEBサイトで確認することをお勧めします。

仕事場に在籍を確かめるための連絡が入りますが、必ずいる時間帯を指定できます。ご自分で対応するというなら、少しの問い合わせに答えるのみで審査はパスできます。少々の時間で、借り入れ可能かどうかの結論がでます。なんと3つの項目に入力して答えるだけですから、何ら心配することはないのです。

WEBができる環境なら、24時間何処にいようとも申し込めます。各金融機関のページに移動して、入力項目全てに入力して申し込みをしてください。これまでに他社からも資金を借用しているという方は、その合計額を申告すれば、総量規制に収まる限り借り入れをすることも可能だと思いますが、借りている件数が複数だという方は困難でしょうね。

在籍確認が必須でないカードローンを申し込めば、日曜・祝日関係なしで即日融資もできるというわけですし、無人契約機を通してカード申し込みすれば、あっという間にお金を手にすることが可能なのです。

昔から見れば、返済方法も多様にあると言えます。スマホまたはPCを持っていればWEBから可能です。これ以外には消費者金融の店舗は当たり前として、提携銀行などのATMを使って返済できるわけです。審査に必要と言われて送付した免許証が不鮮明という理由で、書類が揃っていないとされ、在職確認の連絡不要と話していたにもかかわらず、会社に電話が掛かってくることもあるようなので、頭に入れておきましょう。

昨今では貯金ならあるとしても、それには手を出したくないと言いながら、消費者金融を利用する人が多いそうです。昔と比べて、安心して借り入れられるようになったのです。消費者金融が考慮しているのが、返済できるのかということです。在籍確認なし キャッシング

毎月定期的な実入りがあるのかを把握するために、在籍確認調査は確実になされます。ビジネスのためや諸々の要件などで、返済する時間がなさそうな状況の際は、インターネットを使って返済ができてしまうサービスもあるのです。しかし、事前に連絡しておくことが求められます。

銀行カードローンと消費者金融の違いは、銀行カードローンは利息があまりとられないというところが良いのですが、審査が遅すぎるのが問題です。消費者金融は、審査に手間が掛からず色んなサービスの用意があります。